読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOO BEAUTIFUL FOR WORDS

天海祐希さんが大好きすぎて、ブログはじめました。 と言いつつ、時々観劇の感激も。

妄想ドクロ

1年ぶりのあまみさんブログ!

もちろん常にあまみさんは見ていたけれど、ブログを書く気力がなかったのです。でもいまむくむくと強烈に湧き上がってきたのです。そうなのです、みんな大好き妄想キャスティング!


髑髏城の七人Season花をみました。ゲキシネでアオドクロとワカドクロを見たけれど、花のキャラクターの作りは驚くほどワカドクロでした。

蘭兵衞さまラブ。


ま、それはおいておいて。Season鳥のキャストが発表され、残る2シーズンのキャストが気になるところであります。そこで私は考えたのです。いや、世界のあまみさんファンもきっと考えたに違いないのです。あまみさんが髑髏城にご出演の際は、一体どの役が良いかしらと。


というわけで、今回は妄想キャスティング〜月髑髏編〜

(風髑髏は染様メインの完全に歌舞伎キャスティングなので、また今度)


まずは主要キャスト。


無界屋蘭兵衞: 天海祐希

捨之介: 藤原竜也

天魔王: 阿部寛


沙霧: 

極楽太夫: 石田ゆり子

兵庫: 浦井健治

贋鉄斎: 佐藤B作

狸穴次郎右衛門: 古田新太


はいはい豪華、超豪華。客演の人は今年1度出た人はなしだけど、劇団員ならオッケーというルール。

騒がれるな、驚かれるな。

全く新しい髑髏城の七人なのですから。

以下、月髑髏のあらすじ。


〜あらすじ・月髑髏v〜

時は戦国。雑賀と呼ばれる鉄砲作りの名手たちが住む村があった。

そこで姉妹のように仲良く暮らす2人の少女がいた。怜悧なほど端正な顔立ちで、情に厚く、兄と混ざって剣を振るほどおてんばな蘭。負けず嫌いで感情の起伏が激しいが、それを押し殺し可憐な笑みを絶やさないりんどう。

蘭は鉄砲衆の生まれでありながら、鉄砲より刀に興味があり、故郷を守るときには刀で戦いたいと思っていた。鉄砲作りを手伝い始めていたりんどうは鉄砲衆は鉄砲で戦うべきと思っていたが、故郷を守りたい気持ちは蘭と同じであった。

ある日、りんどうの発案で、蘭は兄の着物を着て素振りを披露し、村人たちを驚かそうとしていた。男物の着物をまとい髪をくくった蘭は、親友のひいき目で見ても惚れ惚れするような美少年ぶりだった。

そこへ、家臣を連れず一人でふらりと遠乗りに現れたのが、天下統一を狙う織田信長であった。信長は男装の蘭を一目で少女だと見破ったが、その太刀筋の良さ、凛々しい顔立ちは魅力的だった。信長は蘭に素性を明かし、小姓になるよう迫った。刃向かうものには容赦ないという信長の申し出を断れば、自分だけでなく、りんどうに家族、果ては故郷にまでどのような累が及ぶかわからない。存分に刀を振り、その道を極めたいとも考えていた蘭に選択の余地はなかった。傍であっけにとられるりんどうに、いつか必ず再会しようと告げ、蘭は信長に従った。


りんどうはこの重大な秘密を蘭の家族にさえ伝えることができない苦しさと、親友を失った喪失感を打ち払うように、一層鉄砲作り、鉄砲の稽古に励むようになる。


蘭は女性であることを隠し小姓として信長の側に控えるようになる。そこには同年代の2人の少年がいた。忍びとして信長の諜報活動を担う「地」の男、蘭と同じく小姓として仕える「人」の男。3人が会うことはほとんどなく、従って蘭が女性であることも知られることはなかったが、3人は信長の最も近くで仕える者として奇妙な連帯感で結ばれていた。

蘭丸と名乗る蘭は、性別がわからぬよう、信長以外の人の前にはほとんど姿を見せなかったが、信長に驚くほど美しい小姓がいるということは、遠く雑賀で蘭の身を案じるりんどうの耳にも届いていた。

日に日に美しく成長する蘭は、信長の元で刀の稽古をしつつ和歌、舞踊まで完璧に身に付け、信長は彼女を寵愛するようになっていった。


信長が家臣の謀反で倒れたとき、信長は蘭に逃げろと命じる。命からがら逃げ出した蘭は、いつしか自分が信長を愛していたことに気づく。抜け殻のようになって身なりも構わず彷徨っていた蘭の前に懐かしい人が現れる。自分のせいで蘭は信長に連れ去られてしまったと自分を責め、本能寺の変の知らせを聞いて蘭を救い出そうとやってきた、りんどうであった。

やっと自分を押し殺すことなくすべてをさらけ出せる相手に出会った蘭は、人目もはばからず堰を切ったように泣き出す。それを見守るりんどう。

木陰から2人の再会を見つめていたのは、「人」の男だった。


---つづく---


長いからここで前編終了!

回想シーンとか独白で過去を語る想定なのですが文字にすると長いですね。まだまだ本編に入っておりませぬ。

ひとまず今日はここまで。