読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOO BEAUTIFUL FOR WORDS

天海祐希さんが大好きすぎて、ブログはじめました。 と言いつつ、時々観劇の感激も。

もしもあまみさんが大河の主役だったら

妄想大河その2。

あまみさんが大河ドラマの主人公だったらという妄想はとどまるところを知らず、ついに妄想キャスティングまでしてしまった。

ここで私の考える大河ドラマ案を発表しよう。願わくば、未来の脚本家あるいは現役の偉い脚本家がこれを見て、あまみさんが主演に抜擢されんことを祈る。

 

もしもあまみさんが大河の主人公だったら~持統天皇の場合~

持統天皇天海祐希):7世紀の女性天皇百人一首の「春過ぎて、夏きにけらし白妙の、衣ほすてふ天の香具山」でおなじみ。夫の天武天皇の死後、即位し自ら政を行った。飾り物ではなく、政治の才覚があったよう。

f:id:spasivo:20160311171448j:plain

(※画像はイメージです。)

 

天武天皇本木雅弘):持統天皇の叔父で夫。日本書紀古事記の編纂を始めた人。知的なイメージとあまみさんに釣り合うことを考えてもっくん。

天智天皇佐々木蔵之介):持統天皇のパパ。エキセントリックなイメージで蔵之介さん。

天智天皇の妻(鈴木保奈美):頭は良いけどややいっちゃってる感じの夫をよく支えるイメージ。

草壁皇子瀬戸康史):持統と天武の子。持統はこの息子をたてるつもりだったが早くして亡くなったため自分が即位した。両親の容姿と口の大きさを考慮して瀬戸君。

文武天皇(知的なかんじの上手い子役):15歳で即位。持統天皇は史上(?)初めて存命中に譲位。持統が上皇として実権を握った。

天明天皇新垣結衣):草壁皇子の妻で文武の母。知的で気の強そうなイメージでガッキー。

 

こんなかんじでいかが。古代の雅やかな衣装を身にまとったあまみさん、見たいでしょう。ああ見たい。古代のドラマって全然ないからきっと面白いこと間違いなし。少女のようなピュアさを醸し出せるあまみさんだから、娘時代から晩年まで演じられる。政治に利用されそうになりながらも、自分を強く持って自ら政治を取り仕切るヒロイン。ああなんて素敵なんでしょう。あまみさんにぴったり。本当に実現してほしい。

 

 

 

あまみさんが上司だったら…

そういえばこの前書こうと思っていたことがあったんだった。

 

あまみさんが新入社員の選ぶ理想の上司ランキング、女性部門で7年連続1位というニュース。

www.oricon.co.jp

これね、毎年みていて、今年こそわたしが答えるとき!と思っていたのに聞かれなかった。笑 こういうランキングってだれにアンケートとっているのかしら。しかし私があまみさんを推すまでもなく、1位だったよ。でも新入社員なんて一生に一度なんだからわたしも答えたかったよ…!!

 

まあわたしの全国の同い年と人が、こんなにあまみさんを推してくれて嬉しいよね。バラエティとかインタビューとかお稽古映像とかであまみさんの素(らしき)部分をみると、とってもかわいらしくてご自分ではずぼらとか言ってるし、バリバリ敏腕てかんじはしないんだけどね。やっぱりBOSSとかりこべんとかのイメージだよね。それだけ多くの人が、あまみさんのドラマ見てたってことで、改めてあまみさんのパワーは絶大だなあと感じ入るよ。

 

でもね、もしあまみさんが上司だったらね

 

わたし、完全に使えない新入り決定だよ。

 

だって、オフィスでずっとあまみさん見ちゃうしあまみさんのことしか考えないし、近づいたら鼻息も荒く緊張してなんか失敗しそうだし、目の前にいないとそれはそれで気になっちゃうし。仕事にならんよね。おそれおおくて近づけないけどね。で、その結果仕事できないやつという悪印象のみを残すことになりそう。

 

はああ、でもそんな職場だったら毎日会社いくの楽しみで夜も眠れないね。

 

 

「恋妻家宮本」の撮影風景!

昨日、ヤフーニュースで「恋妻家宮本」の写真やあまみさん阿部寛のコメントが掲載されていて、朝から欣喜雀躍・狂喜乱舞しておりました。

 

最初にこの映画の情報が公開されたとき、あまみさんは大好きだけれど、重松清好きじゃないし、遊川氏もちょっと偽装の夫婦で辟易してたので監督ってどうなのよと思っていてあまり楽しみじゃなかった。それはいまも変わらないし、映画館に観に行くつもりはないのだけれど、それでも最新のあまみさんが見られるのは何にも代えがたい嬉しさよ。

あまみさんがコメントで「阿部さんは大きいから頼りがいがある」というようなことをおっしゃっていて、1998年の我が大学でのトークショーを思い出したよ。

 

iloveamamisan.hatenablog.com

 このとき「必殺!三味線屋勇次」について「阿部さんは大きいから大丈夫」とおっしゃっていて、今回と全く同じことを言ってるから笑ってしまった。本当にあまみさんてチャーミング!!

 

コナンはさすがに観に行かないからなあ。あまみさん、ドラマや舞台やってください!!!新生活に張り合いがないよう…あまみさん見られると思うと頑張れるのに!

あまみさーーーん!!好きですよう!!!!

「突入せよ!あさま山荘事件」のあまみさん

偽装の夫婦のときは毎日のように書いていたブログだけれど最近はあまり書くことがないなあと思っていたら、いろいろ新情報がでてきて嬉しいAnnaです。

 

いま、期間限定で無料で映画を見られるサイト、Gyao!で「突入せよ!あさま山荘事件」を配信していると知り、見てきたよ。あまみさんご出演とは知っていたけど、わざわざ借りてみるほどでもないと思っていたので(失礼)、良い機会だと思いまして。

あまみさんは役所広司さん演じる主人公の妻役で、出番はものすごく少ないんだけど、女性があまり出てこない映画に華を添えておられます。楚々としたいかにも「昭和の妻」という役なんだけど、ちょっとした表情がすごくリアルで、とっても素敵でした。役所さんの足を洗う場面なんて、緊迫した場面が終わってほっとするシーンのはずなのに、なぜか色気さえ感じてしまう。。。私の見方がいけないのだろうか。

映画自体も、初めは面白くないかもと思っていたのに、案外豪華キャストだし続きが気になるつくりだったのでのめり込んでみてしまいました。

 

このくらい出番が少なくても印象的な役をできる人ってそういないだろうなあ、さすがだなあ、と思ったのでした。まだ観ていないあまみさんファンにはぜひおすすめしたい映画です!

Legacy of SOMA

数日間日本を離れて、おそらく蒼真さまの故郷であろう大陸に旅行している間に、あまみさんがセイコー腕時計のイメージモデルに!!

<グランドセイコー>キャリア女性の腕に美しい日本の時計を。 18K仕様のレディスモデルによりラインアップ強化 ~ イメージキャラクターに天海祐希(あまみゆうき)さんを起用 ~|セイコーウオッチ株式会社

プレスリリースの写真ステキすぎじゃないですか??私、あまみさんがオールバックにして髪を結っているのがすごく好きなんだけど(それをひっつめポニーテールと呼んでおります)もうあふれるばかりの美しさ!!思わずため息ついてしまう。

150万円の腕時計ってどんな人が買うのよというツッコミは置いておいて。こういう優雅な広告は、あまみさんの気品あふれる美しさが堪能できるから、とても嬉しい。早くCMみたいなあ。

 

で、今回の本題。タイトルのLegacy of SOMAは蒼の乱の英語版題名なんですね。この前パソコンでDVDを観ていたとき、初めて知ったこのタイトル。見た瞬間、ほおと思った。legacyって単純に法的な「遺産」という意味でしか知らなかったから、直訳して「蒼真の遺産」てずいぶんまた邦題とイメージ違うなあと思ったの。DVDまだ2回しか観てないから、生舞台と合わせて3回観たわけだけれど、どちらかというと小次郎の「遺産」を蒼真が受け継いだという解釈をしていたから。

それで辞書で調べてみましたよ、早速。ジーニアスによれば「①(遺言によって譲られる)遺産」「②受け継がれたもの:名残、遺物」とありました。ロングマン英英でも調べたら「1 something that happens or exists as a result of things that happened at an earlier time」だって。なるほど。日本語で「蒼の乱」ていうとやっぱり「乱」という字自体が持つ激しさが全面に出て「戦乱」をイメージすると思うのね。題名がそうだから、戦いのシーンに注目すると思う。でもジーニアスの②とかロングマンの1の意味を考えると、蒼真が古の時代にやったことが、一時的とはいえ平和に繋がって、次の世代に受け継がれたという視点から観ることもできそう。一時的な反乱を歴史の中の点として見るのではなく、壮大なスケールで今につながる線の一部ととらえると、このタイトルに合点がゆく。英語のタイトルはきっと翻訳家がつけたのだろうけれど、制作者の意志を確認しないわけはないから、蒼の乱という作品を作った人には「蒼真から受け継がれた物語」というイメージがあったのでしょう。

そう考えると、また違う視点から楽しめそうです。また観なくちゃ。

あまみさんファン母娘あるある

わが母もあまみさん大好きなのです。わたしの影響も大いにあるけれど。

今日はそんな母娘のあまみさん大好きっぷりをご紹介。(誰に)

 

・あまみさんがCMをしているという、ただそれだけの理由で商品を買わせようとする娘と、買ってしまう母。キシリトールガムも、ルルアタックも、ストロングゼロも、化粧品も。(アスタブランは勧めたけれど高くて断念)

・あまみさんの広告を見るとメールで報告しあう。「電車であまみさんの広告みてしあわせ」とか「新宿にあまみさんの枕の大きなポスターがあった」とか「ハムのCMに天海さんでてた」とか。

・ことあるごとに「天海さん美しすぎる問題」について飽きずに語り合う。

・母の服を探していて、カッコいいけれど母には似合わない服を見ると「天海さんみたいな人だったらいいけどさー」という娘と、それに納得し諦める母。

・あまみさんが表紙の雑誌をみると買ってしまう母と買わせようとする娘。

・すごくステキだけれど一般人ではとても着こなせない服をみると「天海さんだったらステキだろうねえ」と言い合う。

・黒いガウチョパンツと白ブラウス、ベストをみると「天海さんみたいなやつ」という。

 

 

こんなかんじです。もう父もわかっていて、「今日テレビ見るから!」(普段わたしは全くテレビをみない)と宣言するとテレビ欄からあまみさんの名前のある番組名を探して「○○でしょ」というのですね。おのれナポレオン降板したときも、ニュースをみていた父に「あんたの好きな人出てるよ!」と叫ばれて何事かと思って飛んで行ったら、あまみさん降板のニュースだったのですね。

 

あまみさんを好きじゃない人っていないよね、と友達に言われてとても嬉しかったことがあります。本当にそのとおり。

新しいあまみさんの作品はやくみたいなあ。

 

妄想大河

ホームシックならぬあまみさんシックであります。

やっぱり昨年末は幸せすぎたんだわ。通し狂言東海道四谷怪談をみてからは、そのさみしい心が染様で満たされていたのだけれど、さすがにそろそろ染様効果も薄れてきて、本来そうなるはずであったあまみさんシックが重症化しているわけですね。

はようあまみさんの2016年情報を!!お願いします…!!!

 

さて、新年であることだし、大河ドラマについて語ろうと思う。

というのも、数日前のネットの記事で、「見てみたい大河ドラマ」的な特集に、あまみさんが卑弥呼でランクインしていて「ほほう」と思ったから。

数年前の朝日新聞(もしかしてもう10年前かもしれぬ)のお正月特別テレビ欄で、同じように見てみたい大河ドラマのランキングがあって、漫画家の里中満智子さんが持統天皇と回答していた。で、キャスティングとして柿本人麻呂天海祐希と言っていて光源氏のイメージかしらと思ったわけなんだけど、かなり見てみたいね、これ。中性的な美しさをもつ歌人。あまみさんが大河に出てくれたら1年間幸せに過ごせるのに…!!

利家とまつ」のときはお子ちゃまだったから見ていなかったんだよなあ。悔やまれるぜ。

今年の「真田丸」は三谷さん脚本だし、あまみさん出てくれないかなあと密かに期待していたのだけれど、ないよねえ。追加キャストで出てくれないかなあ。お市様とかどうよ。信長が吉田鋼太郎なら年齢的にもありじゃないかと思うのだけど…!!お市様は出てこないか。絶世の美女はあまみさんにぴったりだと思うのだけれど…。薄幸だし。

 

あまみさんが大河の主人公をやってくれたら、本当に毎日が楽しくなること間違いなしだよ。1年間毎週あまみさんを見られるなんてもう考えただけで嬉しくてにやけちゃう。

 

でも、なぜか大河ドラマの主人公って、男性の場合は40代の俳優さんもいるけれど、女性の場合、ほとんど20代な気がする。近年私が知っている限りでは、堺雅人福山雅治上川隆也は主演当時40代で内野聖陽は30代だけど、女性は松嶋菜々子から井上真央までみんな20代だ。なんだかここに女性は若くあるべきというような偏見を感じてしまうのはわたしがひねくれているからだろうか。若い時から晩年まで演じるのなら、その中間の30~40代が適していると思うのだけれど、なぜ女性はみんな若い人ばかり主演するのだろう。あまみさんなんてとても48歳にみえないばかりか、少女のような雰囲気さえ醸し出せるのだから、大河の主人公をやるのにぴったりだと思うの。

 

あまみさんの卑弥呼みてみたい。古代は資料がないからドラマにしにくいらしいけれど、なんとか創作してやってほしい。ちょっと蒼真みたいな感じで、自分が中心になってしまったことに苦悩しつつ、リーダーシップをとっていくみたいなお話求む!

あとは、推古天皇とかその辺の女性天皇はどうかしら。奈良時代とかって今と違って女性天皇も多かったみたいだし。奈良時代の衣装とか似合いそう。

時代が下るけど、平塚らいてうなんて斬新じゃないか。写真みてもなんとなくあまみさんと雰囲気似てるし。あまみさんのきもの姿が見たいのよね。男性社会の中で女性の権利を求めて奮闘するあまみさん。どなたか脚本家の方お願いします…!!!

 

あまみさーん恋しいよう…!!!!